2015年 12月

    元銀行「融資課長」の行政書士が教える『マイナンバー制度』~ちょっと気になる豆知識⑨

    2015年12月4日

    マイナンバーを使う前に、何か注意点はありますか?

    (1)マイナンバーの保管には注意が必要です。

    マイナンバーは、社会保障・税関係の様々な手続きで利用することになります。通知カードを紛失すると、自治体、勤務先、金融機関等からマイナンバーの提供を求められた時に、支障が生じます。

    万一、通知カードを紛失した場合には、以下の方法で自分のマイナンバーを知ることができますが、いずれの場合も手数料がかかってしまいます。

       ①通知カードの再発行

       ②マイナンバーを記載した住民票写しの交付

    (2)マイナンバーが何に使われるのかを理解しておくことが大切です。

    ①事業者がマイナンバーの提供を求める際は、提供者に目的を明示することとされています。

    例えば、勤務先から「源泉徴収票作成事務、健康保険・雇用保険届出事務に利用するので、マイナンバーの提供をお願いします。」という具合です。

    ②マイナンバーは、税・社会保障・災害対策の3分野での利用が本来の目的です。しかし、制度への理解が不十分な者から、この本来の目的以外の理由で、マイナンバーの提供を求められた時は、明確に断らなければなりません。

    ◎後の回で解説することになりますが、「個人番号カード」の表面は、写真付きの本人確認書類(身分証)として、様々な場面での活用が可能となる便利なカードです。しかし、裏面には「マイナンバー」が記載されているので、取り扱いには注意が必要です。

    例えば、DVD等のレンタル業者の会員になり、会員証を作成する際に、「個人番号カードの両面をコピーして、マイナンバーを控えさせてください。」という具合です。

    ※本来の目的外であり、裏面はコピーできないので、ハッキリと断わり、表面だけをコピーさせることにしましょう。

     

    元銀行「融資課長」の行政書士が教える『マイナンバー制度』~ちょっと気になる豆知識⑩

    2015年12月7日

    「マイナンバー」の使い方~その1(注意点は?)

    (1)「マイナンバー」を提供するときのの手順に注意しましょう。

    マイナンバーの提供を求められた時、所定の申請書等の「個人番号」欄に記載したり、通知カードや個人番号カードのコピーを提出したりします。

    行政機関や事業主からマイナンバーの提供を求められた場合の、基本的手順は下記の通りです。

       ①利用目的を確認すること。

       ②12ケタの番号を誤りなく記載すること。

       ③提供先の本人確認を受けること。

    ◎目的外利用や情報漏えいを防ぐ為、特定個人情報保護委員会(国の第三者機関)によるガイドラインで、本人確認等の手続が定められているものです。

    (2)原本はご自身で管理しましょう。

    ①マイナンバーの「通知カード」や「個人番号カード」は、自分自身で大切に管理して下さい。

    ②行政機関や事業者、金融機関等の求めに応じて提出するのは、原本ではなく「コピー」です。注意しましょう。

    ※自治体等への申請には、原本を持参し、窓口の職員がコピーをとります。

    元銀行「融資課長」の行政書士が教える『マイナンバー制度』~ちょっと気になる豆知識⑪

    2015年12月8日

    マイナンバーの使い方~その2(いつから使うの?)

    (1)マイナンバーを初めて使う場合~扶養控除等(異動)申告書

    ①サラリーマンは、毎年最初の給料日前日までに「扶養控除等(異動)申告書」を、勤務先に提出することになっています。

    ※平成28年1月の給料日前日までに提出する平成28年分のこの申告書へのマイナンバーの記載が、初めての利用機会となる方が多いと思われます。

    ②平成27年中にこの申告書を勤務先に提出する場合、マイナンバーを記載しなくても良いとされています。

    ※平成28年1月以降に提出する場合には、マイナンバーを記載する必要があります。

    ◎マイナンバーの記載の有無は、この申告書を平成27年中に提出するか平成28年1月以降かによって変わってくるので、注意が必要です。詳しくは、勤務先の担当者の指示に従ってください。

    ③事業者が、従業員等の方々にマイナンバーの提出を求める際には、特定個人情報保護委員会が定めるガイドラインを遵守し、安全管理措置を講じる必要があります。

    (2)マイナンバーを初めて使う場合~その他のケース

    ①アルバイト・パート従業員の方々も必要になります。

    様々な業界で、多くのアルバイト・パートの従業員の方々が働いています。たとえ高校生であっても、アルバイトをする場合は、勤務先からマイナンバーの提供を求められます。

    (例)年末・年始の郵便局(内勤・配達等)でのアルバイト、神社での巫女さんのアルバイト等

    ②平成28年の年始の就職(中途採用等)・退職

    年始早々に就職する方・退職される方は、税や社会保険関係の書類に、マイナンバーの記載が必要になります。勤務先から、最優先でマイナンバーの提供を求められます。

    ③金融機関への提供

    証券口座をお持ちの方や、一定額以上の保険金を受取る方、国外送金をされる方などは、該当する金融機関からマイナンバーの提供を求められることになります。

    ※なぜなら、上記に該当する金融機関では、法定調書にマイナンバーを記載して、税務署に提出しなければならないからです。

    ◎預金口座へのマイナンバーの付番は、平成30年から「任意」ではありますが実施される予定です。

    元銀行「融資課長」の行政書士が教える『マイナンバー制度』~ちょっと気になる豆知識⑫

    2015年12月21日

    「通知カード」と「個人番号カード」はどこが違うのですか?

    自宅に届いた「通知カード」の下半分が、「個人番号カード」の交付申請書になっており、希望者には当面は無料で交付されます。

    (1)「個人番号カード」は1枚で本人確認ができます。

    ①「なりすまし被害」を防ぐため、マイナンバー制度では厳格な本人確認が求められています。

    ②顔写真なしの「通知カード」では、行政機関や事業者(勤務先)にマイナンバーを提供する際には、身分証明書(運転免許証やパスポート等)の提示を合わせて行わなければなりません。

    ③マイナンバー制度の導入の目的の1つに、利便性や効率化があげられています。そして本人確認を厳格かつ簡便に行なうために、「個人番号カード」が平成28年1月から希望者に無料で交付されることになっているのです。

    ④この「個人番号カード」では、交付の際に厳格な本人確認を行なうことで、本人のみが持つこととなり、マイナンバーと本人の顔写真が印字されているので、そのカード1枚で本人確認(番号確認と身元確認)が完了することになります。

    (2)「個人番号カード」は、これから多様な用途に使われるようになります。

    このカードに内蔵されているICチップに格納された機能を利用して、住民票や戸籍謄本、印鑑証明書等のコンビニ交付サービスを含めた行政サービスや、民間企業による独自利用が検討されているのです。

    元銀行「融資課長」の行政書士が教える『マイナンバー制度』~ちょっと気になる豆知識⑬

    2015年12月22日

    「個人番号カード」の表面と裏面には何が記載されているの?

    (1)表面で身元の確認をします。

    プラスチック製(キャッシュカードと同サイズ)で顔写真部分には張替防止対策が施されています。

    ①セキュリティーコード ~ 券面事項確認のために使用

    ②サインパネル領域 ~ 住所変更や改姓の際に使用

    ③カードの有効期限 ~ 発効日から10回目(20歳未満の方は5回目)の誕生日まで有効

    ④臓器提供意思確認欄 ~ 自身の意思表示の表明に使用

    ⑤電子証明書の有効期限 ~ 発効日から5回目の誕生日まで有効(15歳未満は発行されない)

    (2)裏面で番号(マイナンバー)を確認します。

    ⑥QRコード ~ マイナンバー12桁を記録

    ⑦ICチップ ~ 電子証明書が格納されており、他にカードの券面記載事項等が記録されている

    ⑧追加ロゴ領域 ~ 機能を追加する際に使用の予定

    ⑨個人番号 ~ 表面で「氏名」「住所」「顔写真」等で「身元確認」を行ない、裏面のこの欄で「番号確認」を行なう。

    ⑩磁気ストライプ ~ 従来の証明書自動交付機等で利用可能

    ◎「暗証番号」は、カードやカードケースには書かないでください!

    年末年始の休業のお知らせ

    2015年12月22日

    12月29日(火)~ 1月3日(日)まで、年末年始の休業とさせていただきます。