新着情報 News

元銀行「融資課長」の行政書士が教える『マイナンバー制度』~実践編③

2016年01月13日

〇「マイナンバーカード」を取得するには? ~ その3

《 窓口での受取り方法 》

(1)窓口において、「英数字6文字以上16文字以下」と「数字4桁」の暗証番号を設定します。

※万一、マイナンバーカードを紛失しても、暗証番号が他人に知られない限り、簡単に悪用することはできない(誕生日などの分かりやすい数字等は避けるようにしましょう)。

(2)体が不自由で窓口に行けない方

①必要書類を準備した上で、代理人に依頼することは可能です。

②本人、代理人ともに本人確認書類が必要です。

③法定代理人は戸籍謄本、その他の代理人は本人からの委任状が必要です。

④窓口に行けないことを証明するための書類として、本人の障害者手帳や診断書などが必要になります。

(3)住民基本台帳(住基)カードを持っている人~マイナンバーカードの受取り時に返却しなければなりません。

※事前に住基カードを探しておいて、受取り時に持参できるようにしておくことが必要です。